インターネット回線

平成からあらゆる業界に革命を起こしたインターネット

インターネット革命

戦後間もない昭和の頃には、すでに無線技術を使った通信手段はありました。それが一般の人向けに普及することはありませんでしたが、いつからかショルダーフォンなどの便利な商品が登場し、やがて平成を迎えた日本では誰もがパソコンやスマートフォンを所有していて当たり前となりました。

 

パソコンはあらゆる職業で今もっとも使われているIT機器と言っても過言ではなく、スマートフォンはパソコンにできることの大半ができる携帯電話として誰もが携帯している物です。どちらともインターネットと呼ばわれている大きな世界に接続することができる商品ですので、農林・建築・製造・エネルギー・運送・卸売・金融・サービス・不動産業など、どんな業種でも活用されています。

 

インターネットの開通により実現できることになった主な要素はオンライン化によるデータ管理やアップデートなどが挙げられます。今ではどの会社でも事務作業に没頭しているOLはパソコンの前に向かってキーボードを叩いていますが、昔はひたすらノートにボールペンで記録をしていたものです。物凄く地道な作業でしたから、当時の方たちはさぞ大変だったことでしょう。それが今ではボタンを軽く押すだけで瞬く間にデータを打ち込むことができるのですから、全企業の年末調整が一体どれだけ楽になったことか定かではありません。

発展が故に増えすぎたネットの選択肢

増えすぎた選択肢

平成の時代に誕生したインターネット回線に関する様々なサービスは、令和になった今にもなお受け継がれたままです。一般人の私からしても、少し考えるだけでいくつかのネット回線に関する候補が脳裏に浮かびます。

  1. スマートフォン(SIMカード)を使った携帯電話回線
  2. 光ファイバーケーブルを使った固定回線
  3. その他、通話には対応していない専用のネット回線

例えば、スマートフォン1つ取っても考えられる選択肢は非常に豊富です。大手3大キャリアと言えばdocomo,au,softbankですが、格安SIMなどを提供しているサービスも含めればもっと多く、固定回線に関してもフレッツ光にするのかNUROにするのか、果てまた無線専用のWiMAXという選択肢まで存在します。

 

この中で最も優れているものは一体何なのか...?という話がしたいわけではなく、単にそれぞれの特徴や違いを学び、知ることで自分に合った最適なインターネット回線の選択肢を理解してもらいたいのです。

 

富裕層の方であれば好きな回線を好きなように選んでもらっても大したコストにはならないでしょうが、大勢の一般層や貧困層の方の立場に立って考えれば、あれもこれも契約してしまうというわけにはいきません。それぞれのインターネット回線の種類や提供会社によって異なるサービス料金、クオリティを吟味した上で、しっかりと検討をおこない、なるべく賢い選択肢を選んでいきましょう。

 

このサイトでは、大半の人たちがハマってしまうインターネット回線の罠から脱出するための手助けをさせていただきたいと思います。

主なインターネットの選択肢

@キャリア回線(携帯)

スマホ

今や全国各地どこにいても電話で他社とのやり取りが可能な時代ですが、ネット通信においても全く同じことが言えます。特に大手キャリアが提供しているインターネット通信領域は目を見張るものがあり、よほど山々に囲まれた土地でもなければ、基本的にどこにいてもスマートフォンをインターネットに接続することができます。つまり、対応しているエリアの広さは◎ということ。

 

料金の面に関しては、基本的には高額であることが多く、菅元首相の政権時代には国が直接携帯電話に掛かる費用を抑える働きをかけることで、大体5,000円〜6,000円が相場となりました。それまでは携帯電話に掛かる出費は毎月1万円が普通という人も少なくありませんでした。

 

また、携帯電話の費用を抑える政治的働きが無かった時代には格安SIMというサービスが誕生し、当時は世間を賑わせたものです。回線のクオリティを下げることを条件に、大幅に月額料金を安くし、大勢の一般層・貧困層が好んで契約。ただし、実際に使ってみると、電波が弱いせいで不満を持つ人も一定数いるようでした。格安SIMの相場は大体2,000円程度でしょうか。

A家に直接繋ぐ固定回線

パソコン

携帯電話よりも前にインターネットがいち早く普及する大きな要因となったのがこの固定回線です。もともとはADSL回線と呼ばれている旧式の接続方法が主流でしたが、現在ではほとんどのアパート・マンションが光ファイバーケーブルを用いて光回線を敷いています。携帯電話と違って有線でインターネットに接続していますので、明らかに安定性に優れており、スピードも速いことが多いです。つまりインターネット回線のクオリティに関しては◎

 

しかし、例え光回線が優秀だったとしても、それをサポートするプロバイダ側が体たらくである場合、回線の質はとてつもなく貧相となります。ある一定のエリア内で、非常に多くのユーザーが全く同じ回線・プロバイダを選び契約をしてしまった場合、夜間などの混雑する時間帯にはとても動画を視聴することなどできないような目に遭うケースも。

 

料金面に関しては現代の携帯電話に掛かる費用よりも1,000円〜2,000円多い程度でしょうか。光回線と言っても決して百点満点のサービスではありませんし、あくまでも自宅での活用しかできないため、インターネット回線の選択肢としては不十分であることも否めません。

BWiMAXなどの専用サービス

無線

賃貸料が安い物件では、独自に無線を使ったインターネット通信サービスを提供されていたりしますが、今最も優れていると言っても過言ではないインターネット専用の通信サービスがWiMAXです。携帯電話のように全国各地でネット接続に対応し、固定回線のようにいくらデータ通信をおこなっても基本的に規制が入りません。つまり、汎用性で言えばWiMAXは◎

 

料金面に関しての相場はおおよそ月額4,000円〜5,000円程度となっており、固定回線よりも安いが格安SIMには劣ります。しかし、キャリア回線にはない圧倒的なコストパフォーマンスの高さ、すなわち何G通信を行おうと料金が一定であることや、固定回線にはない外出先での活用、すなわち外出先でもインターネットに接続できる利点、などを兼ね備えているため、WiMAXというサービスについては、キャリアや固定回線と肩を並べることができる便利な商品ではないかと思います。

 

また、工事が不要だというメリットもあるため、春から新生活を始める学生や社会人の方にも一定の人気を得ており、契約後にすぐネットが使えるようになる恩恵が非常に大きいです。ただし、回線のクオリティに関しては平均的な評価を与えられることが多く、思っていたよりも速度が出なかったという意見も存在します。

各種リンク

キャリア回線・固定回線・WiMAX回線、3種のインターネット接続に関する情報収集をおこなう上で勉強になるサイトを載せておきます。複数の教科書から学びを得ることは大切なことで、偏った考えを持たないようバランスを保つことを意識しましょう。そうすれば、きっと自分自身にピッタリのインターネット回線が選択できるようになるはずです。

キャリア回線

dokomo

NTTドコモ - 今もっとも快適な通信エリアが広いと言われている大手キャリアの公式サイト。携帯電話の回線を選びたいなら間違いなくここがおすすめ。全国各地に足を運ぶことがある人はドコモをインターネット選択肢の第一候補へ。

au

au - 通信エリアではドコモに及びませんが、オンラインでの契約や手続きなどの面に関してはかなり便利。機種変更をする際にはわざわざ店舗に行かなくても今使っている携帯電話から全ての手続きが可能です。

固定回線

flets

フレッツ光 - NTT東日本の公式サイト。基本的には回線が安定しているが、プロバイダを間違えると悲惨な目に遭うため、公式サイトへアクセスした後に、必ず「光コラボレーション事業者のサービスを検討する」というボタンを押さないように注意。プロバイダ料金が安くなると謳っているが、それ以上にインターネット回線のクオリティが下がってしまう恐れがあります。

nuro

NURO光 - ソニーが提供する固定回線。当時、フレッツ光よりも遥かに高速なインターネット通信が可能だと幅広い層に支持されてきましたが、ある時期から急激に利用者が増加したことが原因で回線の質は一時期下がってしまいました。ただし、あれから何年も経っており、ライバル企業との差別化として「高速」であることを掲げているため、とにかく回線の質にこだわっている人は候補とするべき業者です。

WiMAX回線

uqwimax

UQ WiMAX - WiMAXを提供しているのはこの業者ただ1つですが、プロバイダの種類が非常に多く、どこで契約すれば良いか悩む人が多いことでしょう。インターネット回線のクオリティは全て同一であるため、迷ったらUQ本家で契約するのもありかもしれません。

wimax

一般のWiMAX関連サイト - 数多あるWiMAXプロバイダの中からどこを選ぶべきなのかを簡潔に示唆してくれるサイトは星の数ほどあります。ランキングサイトは非常に豊富ですが、どのサイトも一貫して「料金で選ぶべし」ということを示しているため、キュレーションサイトでも私は参考にする価値があると考えています。できれば、謳い文句のゴリ押しをされているサイトではなく、理屈で「どういった人にはどこがおすすめできるか?」を提示してくれるサイトを信用しましょう。例えばプロバイダによる差を比較し明確に対象者を分けているサイトが好ましいです。

WiMAXのプロバイダはどこがオススメ?キャンペーンを解説